トートーニーの本革スリッパが最高。使うほどに味わい深まる唯一のスリッパ。

お家の中で足元が冷えると辛いですよね。そこで活躍するのが素足で暮らす日本人の味方、「スリッパ」。

毎日のように履いていると、安価なものだとすぐに壊れてしまうこともあります。

スリッパを、こまめに買い替えるのも気分が変わって気持ち良いですが、使い続けることで表情を変えていく“本革” のスリッパがあることをご存知ですか?

スポンサードリンク

この記事では、シンプルで変化を楽しみながら長く使っていける「toe to knee(トートーニー )」の本革スリッパをご紹介します。

toe to knee (トートーニー) とは

「トートーニーは、はきものと革もののブランドです。」

そんな一言から始まるトートーニーは、靴やスリッパなどのはきものをはじめとして、かばんやお財布などの日用品を中心に、本革を使ったアイテムを展開している東京のブランドです。

 

名前の由来は、つま先からひざまでという英語「toe to knee」から。

雑誌でもたびたび紹介されているブランドで、ものづくり・素材を大切に扱う姿勢がとても素敵な、大好きなブランドです。

toe to knee のスリッパの特徴について

f:id:kinoconoie:20171224091843j:plain

トートーニーの製品の中で今回ご紹介するのは「prduct 001 」のスリッパです。

トートーニーのスリッパが特徴的は、一枚の革を一ヶ所だけ縫い合わせて作られているところ。素足でも気持ちよく履けるように、内側には革の表面、外側には 革の裏面の作りになっています。

実際に足を入れてみると、厚さ約2mmの革は思っていたよりも柔らかく、革がぴったりと自分の足の形に合わせてくれます。

歩いていると、靴下のようなフィット感で軽くスリッパを履いている感じがあまりしません。

トートーニー ワンピース レザースリッパ キャメルtoe to knee one-piece slippers CAMEL一枚革のシンプルなレザースリッパ・革製ルームシューズ:

created by Rinker
¥4,860 (2018/12/19 11:46:08時点 楽天市場調べ-詳細)

トートーニーのスリッパのおすすめしたいポイント

トートーニーのスリッパを実際に履いてみて、おすすめしたいと思った5つのポイントをご紹介します。

1.革製なのでいつでも快適な湿度

f:id:kinoconoie:20171224093515j:plain

革はもともと吸湿性や放湿性に優れた素材です。トートーニーのスリッパは天然の本革で作られていて、素材の良さを十分に生かした快適さを保ってくれます。

トートーニーの本革スリッパは、昔ながらの革のなめし方法「ベジタブルタンニン」で鞣(なめ)されています。

2.軽くて薄くて丈夫

f:id:kinoconoie:20171224093128j:plain

薄さ2mmの革と、それを縫い合わせるための糸だけで作られた至ってシンプルな製品。使われているのは一枚の革と縫製の糸だけ他のスリッパに比べてとても軽いのも魅力です。

工程や仕組みが複雑であるほど、壊れてしまったり傷んでしまったりする可能性も高くなりますが、トートーニー のスリッパはシンプルなので、簡単には壊れにくく丈夫です。

3.丸洗いができる

スポンサードリンク

トートーニー のスリッパは革なのに丸洗いができます。スリッパは毎日のように履いていると、どうしても汚れてしまうものですよね。

わたしの履いているものも、床に触れているスエード面が、ほこりで黒く汚れてしまいました。

普通のスリッパなら、中に綿や厚紙などが入っていて洗うことも難しい場合がありますが、トートーニーのスリッパは、スエードシャンプーなどで丸洗いができます(手洗い推奨)。

また、毛並みが寝てしまうと滑りやすくなってしまうので、起こすようにブラッシングしてあげると良いそうです。

上の写真は丸洗いしたあとに窓際で陰干しをしているところです。乾いた状態でこれくらい濃い色になると良いなあ。

4.どんどん自分に馴染んでいく

f:id:kinoconoie:20171224091843j:plain

トートーニーのスリッパは、ベジタブルタンニンで鞣された本革のため、太陽の光や皮脂を吸収することで深い光沢を放つアメ色へと変化します。

使っていくうちにその人とともに強くなり、深まる風合いは革の一番の魅力です。

また、革にはそのままの形を維持しようとする性質があるので、革靴のように最初は硬かった革もだんだんとやわらかくなり、使う人の足の形に合わせて馴染んでいきます。

だれと同じでもない自分だけのものという特別感も魅力ですよね。大切な人やお世話になっている人へのプレゼントにもおすすめです。

5.大人も子供も。家族みんなで揃えられるサイズ展開

トートーニーのスリッパは、同じデザインで豊富なサイズ展開がされており、5S・4S・3S・2S・S・M・L・2L・3Lまで。

パパもママも、お兄ちゃんもお姉ちゃんも、みんなで同じデザインのスリッパを履くことができます。

色も、ナチュラル、ブラック、ブラウン、ピンク、キャメル、ライトブルーがあり、それぞれ素敵な風合いで変化していくので、それぞれでお好みの色を選ぶのも楽しいですね。

革のスリッパってちゃんとあたたかい?

でも、モコモコもしてないし、薄いし、やっぱり革ってあたたかくないのでは?と思われる方もいるかと思うので、革のスリッパのあたたかさについて補足説明しておきます。

まず、履いた瞬間は周りの空気が冷たいと少しひんやりしているときもあります。

が、革には吸着熱という効果があり、人から出る水蒸気を吸収して発熱するという効果があります。

なので履いているうちにだんだんと温まり、寒くないんですね。

ずっと付き合っていける本物のスリッパ

f:id:kinoconoie:20171211102703j:plain

いかがでしたでしょうか。

トートーニーのホームページには、ワクワクするような経年変化を遂げたスリッパの写真も載っていて、私の元へ来たスリッパはこれからどんな風に変化していくのかとても楽しみです。

大事に長く使って、また変化が出てきたら記事にしたいと思います。

スリッパ探しで迷われていた方、プレゼント選びで迷っていた方の参考になっていれば幸いです。

革製品が好きなら次は「Dove&Olive」の長財布の記事を

本革製品が好きなら次に読みたいのは、同じく本革を使った商品を製作している「Dove&Olive」の長財布の記事。革の経年変化が楽しめる、素敵で上質なお財布です。

スポンサードリンク
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です