しまなみ海道サイクリング旅〜vol.2〜迫力のパワースポット大山祇神社

しまなみ海道サイクリング旅〜vol.1〜に続いて、しまなみ海道のサイクリング旅をふりかえるこちらのシリーズ。尾道から出発したこの旅、vol.2では向島を越え因島に入ります。f:id:kinoconoie:20180910112630j:plain

因島にはしまなみカレールリヲンというカレー屋さんや、はっさく屋という大福屋さん、カフェテラス菜のはななど立ち寄りたいスポットがたくさん。

が、とにかく前に進むことしか考えていなかったこの島ではメインルートを海沿いにひた漕ぎ、メインルート途中の因島フラワーパークで水分補給と休憩、ローソンでおにぎりを買って食べ、次の島に進むという寄り道する余裕のなさでした。笑

スポンサードリンク

相変わらず漕ぎはじめれば風があって心地よく、止まれば灼熱の太陽を全身で受け止めて。因島を自転車ぐるっとめぐりたい方は、少し涼しくなってからか車がいいかもしれません(個人的に)。

信号待ちの時に撮った一枚だけれど、海も山も空も全部青い。良い島でした。

ようやく見えてきた生口橋

f:id:kinoconoie:20180910113438j:plain

向島よりなんとなく大きく感じていた因島。ようやくという言葉が自然と出てくる、尾道から2つめの橋です。

f:id:kinoconoie:20180910112649j:plain

正直しまなみ海道に来るまでは橋にほとんど興味がなかったのですが、コバルトブルーの海に佇む真っ白で均整のとれた橋の美しさ。ああ、きれいだなと思いました。

おかげさまで、旅を終えて帰ってきてからも、なんとなく橋が気になるように。

f:id:kinoconoie:20180910113610j:plain

橋ってどうやって作ってるんだろうという素朴な疑問を抱かずにはいられない。旅は新たな視点を与えてくれますね。

生口島でほてった身体を冷やすドルチェをほおばる

f:id:kinoconoie:20180910114640j:plain

生口橋を越えるとたどり着くのは生口島。工業地帯のような海辺のクレーンが印象的でした。

生口島では、ジェラート専門店ドルチェ瀬戸田本店で、すっきりさっぱりなジェラートを食べました。あまりの暑さと美味しさで、すぐ食べちゃって写真がありません 。

伯方の塩や瀬戸田のレモン、因島のはっさくなど瀬戸内ならではのジェラートがたくさん。海を眺めながら食べられるイートインスペースは心から休まりました。

f:id:kinoconoie:20180910120537j:plain

生口島の後半のルートはヤシの木が等間隔で植えられていて、まるで海外リゾートのようでした。なんでもない景色もとっても嬉しい。

f:id:kinoconoie:20180910121237j:plain

スポンサードリンク

大三島へとつづく多々羅大橋

f:id:kinoconoie:20180910121219j:plain

ヤシの木が並ぶ道を越えると、大三島へとつづく多々羅大橋が見えてきます。

f:id:kinoconoie:20180910120912j:plain

f:id:kinoconoie:20180910121258j:plain

f:id:kinoconoie:20180910121243j:plain

多々羅大橋を越えて大三島に到着

f:id:kinoconoie:20180910122606j:plain

朝から漕ぎこのあたりはたしかお昼すぎで暑さもピーク。あまりの暑さで道の駅多々羅しまなみ公園で、長い休憩をとることにしました。

フォトスポットにもなっている大三島の道の駅。瀬戸内の海と島々をぐるっと見渡せます。

道の駅にはレストランがあり、すでに食欲をどこかに置いてきたわたしはウーロン茶のみ注文しました。一緒に行った人が名物っぽかった「マハタラーメン」を頼み、少しもらったら、疲れた身体に優しいだしの味でとってもおいしかったです。

またしてもすぐ食べちゃって写真がありません 。

大三島のおばあに聞いてバスで大山祇神社へ

f:id:kinoconoie:20180910123949j:plain

道の駅のお土産屋さんで涼を頂戴していると、外の自販機の前で待っていた彼が地元のおばあちゃんらしき人となにやら話している……

一緒に話を聞くと、この島に嫁いできたおばあちゃんだそうでした。もうなんか神々しいおばあちゃんの話を聞いていると、この島では大山祇神社という神社が有名らしい。

下調べをしていなかったので全然知らなかったのですが、調べてみると名だたる偉人が祈ったという、結構歴史ある神社がありました。

残りの体力と時間を考え、行くかどうかとか明日の朝一で伯方島から戻ってこようかとか色々考えたのですが、これは何かの縁だから行っとこうということで、体力と時間を考えバスで行くことにしました。

降りるとき時刻表出してくれたり、帰りのバス停の場所教えてくれたり運転手さんめちゃめちゃホスピタリティに溢れてたのでおすすめです。

f:id:kinoconoie:20180910124944j:plain

全国に一万社あまりの分社をもつ大山祇神社は、日本総鎮守と呼ばれているそうです。境内にあるのは、推定樹齢2,600年とも言われる大楠。いま、2018年なのでその前からあったことになりますね。

f:id:kinoconoie:20180910125700j:plain

深い森に包まれた神社。奥には国宝級の鎧兜などの展示室もあります(有料)。

旅は伯方島のゲストハウスへと続きます

f:id:kinoconoie:20180910131140j:plain

そして最終バスに乗り再び道の駅へと戻り、泊まる予定のゲストハウスがある塩の島で有名な伯方島へと続きます。

しまなみ海道サイクリング旅〜vol.3〜塩の島の古民家ゲストハウス「ソルトハウス」

ここまでの道のりをまだ読んでいない方はしまなみ海道サイクリング旅〜vol.1〜もよろしければ読んでみてくださいね。

スポンサードリンク
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です