CLASKAのiPhoneケースが可愛すぎる。つぶらな瞳ともうひと頑張り

いまやわたしたちの生活に欠かせなくなったスマートフォン。きっと、毎日どこへ行くにも持ち歩いているという方がほとんどですよね。

仕事の合間や家事の合間に、自然と目にするスマホケース。

この記事では見るたびに使う人をやわらかい気持ちにして、もうひと頑張りさせてくれる、シンプルで可愛いCLASKAのiPhone7用スマホケースをご紹介します。

スポンサードリンク

iPhone7用だけどiPhone6/6sにも使える

f:id:kinoconoie:20180315132301j:plain

iPhone7ケースなのですが一目惚れしてどうしてもMAMBOのケースがほしかった私は、

iPhone6/6s にも使えます。ただし、カメラレンズのフレームにケースが掛かります。あらかじめご了承ください。カメラのご使用自体には支障ありません。

と書いてあるのを見つけ、iPhone6sのケースとして使用しています。

f:id:kinoconoie:20180315135729j:plain

iPhone6sに装着するとこんな感じです。

iPhoneの外カメラのレンズにかぶってしまい、カメラ撮影をするたびに毎回ケースを外さないといけないのかなと不安に思っていたのですが、写真を撮ってみると写真には全く写りこまなかったので一安心です。

f:id:kinoconoie:20180315140110j:plain

 塩川いづみさんの描くビション・フリーゼが可愛い

f:id:kinoconoie:20180315133510j:plain

つぶらな瞳が可愛いMAMBOは、イラストレーター塩川いづみさんによって描かれた、ビション・フリーゼという犬がモチーフになっているイラストです。

本物も、とってもふわふわでつぶらで丸い真っ黒な瞳にきゅんとします。

日々のふとした緊張を取りのぞいてくれるMAMBO

f:id:kinoconoie:20180315134036j:plain

スポンサードリンク

思い返すと、わたしたちがスマホを取り出すタイミングは、大体いつも同じなのではなのかもしれません。

もちろん調べものをすることもあるのですが、日々の暮らしでわたしがスマホを取り出す時は、仕事の休憩中だったり、出勤前の車の中だったり。もしくは待ち合わせをしていて待っている時間だったり。

なにかと緊張する毎日に、ちょっと逃げ場がほしくてスマホを開いていることが多いような気がします。

仕事で煮詰まってきたとき、ちらっと横目に入るMAMBOが、こちらをつぶらな瞳で見つめてくれます。

大丈夫だよ一人じゃない!そんなMAMBOの声が聞こえてくるようで、なんだか少しだけ勇気付けられて、がんばろうと思える毎日です。

柔らかいから強いスマホケース

f:id:kinoconoie:20180315141717j:plain

スマホケースにも、ハードタイプや手帳型などありますが、MAMBOのスマホケースはシリコン製のソフトタイプ。にぎるとふにゃっと曲がります。

ふとした時に落としてしまいがちなスマホケースを、ソフトなカバーが守ってくれます。しっとりした手触りで、グリップ感も抜群です。

MAMBOの前は手帳型を使っていたので、手帳型に比べるとICカードなどを入れられないのは少し不便かなと思います。

毎日頑張る自分へのごほうびに

f:id:kinoconoie:20180315142323j:plain

本体だけでなく、本体が入ってきた箱も可愛くてついつい並べて写真を撮ってしまいました。たった2,160円で、これだけ幸せにしてくれるMAMBOも、CLASKAも、塩川さんもありがとうございますという気持ち。

パッケージも可愛くて、自分で買ったのに届いた時にはなんだかプレゼントのようでした。毎日がんばる自分へのご褒美にもおすすめです。

毎日をもう少しだけ頑張れるスマホケース

f:id:kinoconoie:20180315134036j:plain
スマホケースに機能を求める方も、スタイリッシュさを求める方も、感性は人それぞれ。スマホケースへの想いも人それぞれ。あなたはどんな理由でいまのスマホケースを選ぶのでしょうか。

毎日をちょっとだけ頑張れるスマホケースがほしい方は、CLASKAのMAMBOのスマホケースもおすすめです。

CLASKAのスマホケースがもっと気になる!という方はCLASKA ONLINE SHOPから購入ができます。スマホケースをお探しの方の参考に少しでもなれば幸いです。

スポンサードリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です