毎日使うものこそこだわりを。ニトリのニットスポンジの口コミ

ご飯を作るたび、毎日欠かせないのがお皿洗いですよね。毎日しっかり作る方は、一日に二度や三度の洗い物をしている方も多いのではないでしょうか。

ご家族がいる方は、大人数の分を洗うのはより大変ですよね。

わたしは一人暮らしですが、食器が多くなくてもお皿洗いはなかなか気が向かなくて、家事の中でもつい後回しにしてしまいがち。

スポンサードリンク

食べたあとシンクにたまる洗い物を見て、見て見ぬふりをしたくなってしまうこともあります。心地よく暮らそうと思っていても、毎日の洗い物を楽しむのはなかなか大変です。

そんなわたしが毎日の暮らしに取り入れたのが、「ニットスポンジ」です。

f:id:kinoconoie:20180311234242j:plain

傷んだスポンジを変えた時、とっても気持ちのいい気分になったことはありませんか?お皿も心もすっきりしますよね。

スポンジは毎日使うものだからこそ、自分の暮らしに合う定番を見つけたい。

この記事では、そんな方におすすめしたいニットスポンジをご紹介します。

ニトリ デコホームのニットスポンジがとっても可愛い

f:id:kinoconoie:20180311233821j:plain

ニトリの中でも、雑貨を中心に扱っているニトリ デコホーム。都市圏を中心に、ショッピングモールやショッピングセンターの中に入っています。

ニトリで扱われていないデコホームオリジナル商品もあり、このニットスポンジもデコホームオリジナルで最近発売されたもの。

お値段は、税込299円でスポンジにしては少し高い金額です。色は他にレッド・ブルー・ブラックが販売されています。

ニットスポンジは洗剤いらずで経済的

f:id:kinoconoie:20180311234242j:plain

食器洗いに欠かせない存在の食器用洗剤。一ヶ月に一回はなくなって買い足しにいきます。ニットスポンジがあれば水だけで洗えて、そんな手間もいらなくなるらしい。そんな噂をどこからか聞きつけ、購入してみました。

手のひらで握りやすい丁度いいサイズ

f:id:kinoconoie:20180311235050j:plain

スポンサードリンク

大きすぎず、小さすぎず。手のひらにぴったりフィットする大きさです。大きすぎても、小さすぎても使いにくいスポンジですが、手に馴染むほどよい大きさと厚み。

f:id:kinoconoie:20180311235244j:plain

iPhone6sの大きさと比較すると、ほとんど同じ大きさで握りやすいサイズ感が嬉しいです。

中のスポンジは想像よりも丈夫

f:id:kinoconoie:20180312000158j:plain

100円で5個入りのスポンジを買うと、中のスポンジがすぐにへたって、あっという間に使いづらくなってしまうんですよね。

このニットスポンジは、中のスポンジがしっかりしていて簡単にはへたらなさそう。まだ数日使っただけなので、もしもへたってきたらまたレビューします!

本当に水だけで汚れは落ちるのか

f:id:kinoconoie:20180312000446j:plain

水だけで汚れが落ちると書いてあるけれど、それって本当なの?

ということで食器を洗ってみました。カーキの色は濡れるとこんな色になります。

はじめは水を弾いて染み込みにくいので、揉み込んで水を染み込ませていってください。洗剤はつけず、ふつうの汚れは水で、油汚れはお湯で洗っていきます。

そもそもどうして食器用洗剤をつけるんだっけ、と思って調べたところ、界面活性剤で油などの汚れを乳化して落としやすくするためとのことでした。

殺菌や除菌などの効果もあるのかなと思っていましたがそうでもないようです。きれいになれば問題ないみたい。

ニットの繊維が汚れを絡みとるので、汚れはしっかりと落ちてお皿もぴかぴかになりました。軽い力でも簡単に汚れが落ちるのが嬉しいです。もう少し使い続けて、いろんなものを洗ってみて試しますが、いまのところ使い心地は抜群です。

毎日使うものだからこそこだわりたい日用品

f:id:kinoconoie:20180312002658j:plain

素手で使うと、ニットの手ざわりが優しくてなんだかほっこりします。毎日使うものだからこそ、品質や使い心地にはこだわりたい。

大学で部活をしていたころ、コーチに言われて心に残っている言葉があります。

「毎日やることこそ、こなしてはいけない」

毎日やる基礎練習などの動作は、どうしても惰性こなしてしまいがち。でも、毎日やることだからこそ、こだわってどうすればもっと良くなるのか考え抜いていくと上達するよと言っていました。

ニットスポンジは、洗い物だけでなく毎日の暮らしを、そして自分を、ゆっくりと上質なものへと変えるのかもしれません。

スポンサードリンク
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です