KINOCONOIE

毎日の暮らしを居心地よくする、インテリア用品・日用品をメインに運営中。おでかけや女性のキャリアについても書いています。

しまなみ海道サイクリング旅〜vol.3〜伯方島の古民家ゲストハウス「ソルトハウス」

f:id:kinoconoie:20180911085701p:plain

居心地がよくて自分の家でないのにまるで自分の家のようにくつろげる。何時間でもいたくなる。

 

今回泊まらせてもらったしまなみ海道伯方島のお宿はそんなゲストハウスでした。

 

f:id:kinoconoie:20180910131140j:plain

 

のんびりと海辺で犬の散歩をする地元の方と思われるおじさん。

 

この風景、どこかで見たことがあるような気がしたのですが、友人の結婚式で行ったハワイの雰囲気に似ている気がします。

 

この記事では、しまなみ海道で宿をお探しの方におすすめな、ハワイのようなゆったりとした時間が流れる伯方島のソルトハウスというゲストハウスに泊まってよかったポイントをご紹介します。

 

 

築70年の歯医者だった古民家をセルフリノベーション

f:id:kinoconoie:20180910213132j:plain

美しい海に囲まれた伯方島の東側、人々がゆったりと暮らす住宅街の中に、築70年の歯医者さんをリノベーションして作られたソルトハウスは位置しています。

 

朝、尾道を出発しスタートから50km近く漕ぎつづけたどり着いたお宿は、個室1人4,500円で十分な設備と居心地の良さ。

 

思いっきり夏休み気分を味わえる素敵なゲストハウスでした。

 

当時の趣が残る柱の位置や窓の位置

f:id:kinoconoie:20180910214123j:plain

どことなく昭和の雰囲気漂うレトロな建物は、当時「モダンな建物ができた!」と話題になったそうです。

 

歯科医院が改修されて作られたという建物は、言われてみると窓枠の位置が普通の民家とは違う気がする......!

 

f:id:kinoconoie:20180910234644j:plain

 

ここは待合室だったのかな、診察室だったのかな。こういう名残があるって、なんだかいいな。

 

そんな昔の風景に思いを馳せながら、お風呂上がりに共有ルームで置いてある雑誌や本を扇風機の風をあびながらパラパラとめくる。

 

f:id:kinoconoie:20180910232846j:plain

 

夏の幸せを一纏めにしたかのような時間を過ごせます。

 

f:id:kinoconoie:20180910220016j:plain

 

泊まった日は大雨の被害があったあとだったこともあり、他の宿泊客の方は残念ながらいらっしゃいませんでした。

 

共有ルームには、無料のドリンクや簡単な調理ができるミニキッチンがあり、出会った方とおしゃべりをしながら過ごすこともできますね。

 

f:id:kinoconoie:20180910232948j:plain

 

新しい価値観や暮らし方に出会えるかも、そんな期待ができる素敵なスペースでした。

 

f:id:kinoconoie:20180910234400j:plain

 

美しいデザインガラスや調度品

f:id:kinoconoie:20180910225700j:plain

窓枠の中には模様の入ったアンティークな雰囲気が素敵なデザインガラスがはめこまれています。

 

もうなくなってしまったけれど、おばあちゃんちもデザインガラスだったなあ。そんな小さい頃の思い出がよみがえります。

 

f:id:kinoconoie:20180910232619j:plain

 

また、廊下とミニキッチン・共有ルームを仕切るのは壁ではなくガラス。

ゆるく仕切られた空間が心地よくて、なんだかほっとします。

 

f:id:kinoconoie:20180910233339j:plain

 

共有ルームとミニキッチンは繋がっています。この小さい窓ふたつは受付の窓だったのかなあ。

 

f:id:kinoconoie:20180910233557j:plain

 

灯りがぼんやりとつく感じがリラックス効果高めです。一日中自転車をこぎ続けていたせいもあって、共有スペースでくつろいでいたらだんだんと眠くなってきました。

 

個室は広くてゆったりすごせておすすめ

f:id:kinoconoie:20180910232719j:plain

ソルトハウスには、女性専用とグループ・ファミリー用の2種類の個室があります。

 

f:id:kinoconoie:20180910234037j:plain

壁の色と木の色のバランスがとても好き。

 

天井を見上げた時のこの感じに懐かしさを感じてしまうのはなぜでしょう。平成生まれじゃないのかもしれない。

 

タオル・シャンプー類もあるので準備いらず 

f:id:kinoconoie:20180910234219j:plain

バスタオルとフェイスタオルが1枚ずつ貸してもらえますし、シャンプーやリンスも供えてあるので準備していく必要はありません。

 

サイクリングの荷物はなるべく軽い方が体力の消耗が少なくて済むので、そういった心づかいが嬉しいですね。

 

 無料Wi-fiあり!作業スペースもあるのでパソコンも使える

f:id:kinoconoie:20180910235016j:plain

ゲストハウス内は誰でも利用できる無料のWi-Fiがあります。

 

また、「カフェラボ」という共有ルームの隣のミニキッチンがあるお部屋、先ほどデザインガラスが素敵とご紹介したスペースはPCで作業ができるスペースでもあります。

 

早起きしてやわらかい日差しを浴びながらお仕事をすることも可能です。

 

f:id:kinoconoie:20180910235359j:plain

カフェラボの入り口に掛かっているプレート。手作り感が可愛いです。

 

近くに海鮮がおいしい「みなとや」がある

f:id:kinoconoie:20180910235651j:plain

雄大な海に抱かれた伯方島は、食べ物もおいしい!

 

夜ご飯はゲストハウスオーナーのそるとさんに聞いて「みなとや」というお食事処でいただきました。

 

これが、また、とっても美味しい!新鮮な刺身や海鮮の天ぷら、だし巻き卵などどれもこれも美味しすぎました。

 

例にもれずまた食べ物の写真がありません 

 

ソルトハウスは愛されていることがわかるゲストハウス

f:id:kinoconoie:20180911000315j:plain

泊まって感じたこと。

 

それは、ソルトハウスは訪れた旅人にも、明るくて朗らかなオーナーさんにも、地元の人にも愛されているということ。

 

70年前は歯科医院として人々の健康を守り、今はゲストハウスとして温かく旅人を出迎える。

 

f:id:kinoconoie:20180911000602j:plain

役割は変わっても、変わらずそこにあって愛されて育てられていく。そして、これからも。

 

そんな建物に泊まれたことは幸せでしたし、また行く機会があればいいなと思いました。

f:id:kinoconoie:20180911001153j:plain

ソルトハウス、伯方島での宿泊を考えられている方にはぜひおすすめしたいゲストハウスです。

 

サイクリング旅は次の今治編でおしまい

f:id:kinoconoie:20180911001509j:plain

ここまでの道のりをしまなみ海道サイクリング旅〜vol.1〜しまなみ海道サイクリング旅〜vol.2〜でご紹介してきましたが、次のvol.4今治編で最後になります。

 

楽しみ方もルートも自分好みに選べるしまなみ海道。あなたの旅の参考になれば幸いです。