KINOCONOIE

毎日の暮らしを居心地よくする、インテリア用品・日用品(消耗品)をメインに運営中。女性のキャリアについても扱います。

しまなみ海道で飾らない自分に戻るサイクリング旅〜vol.1〜初心者におすすめのスポットや持ち物

f:id:kinoconoie:20180726225420p:plain

 まるで、地球がインフルエンザになったかのような気温が続く中、年に2回の約10日間の連休をもらったわたしは、新幹線で広島へ。

 

旅程を決めた1ヵ月前からずっと楽しみにしていた、しまなみ海道で自転車を漕ぐためです。

 

楽しみにしていた中での、直前の西日本豪雨。被災された方は大変な生活を送られている中、お伺いするのは少しもやもやもあったのですが、行ける状況なのに行かない方が迷惑なのではと思い決行。

 

f:id:kinoconoie:20180727184403j:plain

(2日間80kmを一緒に走ってくれたレンタルの愛車)

 

猛暑日の中、人生を小さくまとめたかのような初めてのサイクリング2日間の旅は、いまでも温度感や身体の感覚がよみがえるほど、楽しい思い出です。

 

この記事では、そんなしまなみ海道の自転車旅を、まだ行ったことがない方や、旅でどこへ行こうか迷っている方に向けて、おすすめのスポットや買ってよかった持ち物などとともに振り返ってみます。

 

現地の断水の状況などを教えてくださった45Houseのひげこいさん本当にありがとうございました。とっても感謝しています。中身まで格好良い方です!

 

長くなりそうなので、この記事を含めて、3編ほどに分けて書いていければと思っています。まずは出発点の尾道から、どの島まで行けるでしょう。

 

 

暮らしに海がある風景が素敵だった尾道

f:id:kinoconoie:20180727114120j:plain

 尾道に着いたのは7月17日。その日は電車が止まっていたくらいで新幹線は動き、飲食店も宿泊施設も通常通り営業されていました。

 

18日には電車も通っていたので、これから行かれる方はご心配なく行かれて下さい!

 

尾道の海辺は、地元の人が散歩をしたり、ベンチでゆっくりしたり、井戸端会議をされていたり、時間がゆっくり流れていて素敵な町でした。

 

f:id:kinoconoie:20180727205611j:plain

 

見ているだけで不安になる北海道の濃い青の海に見慣れているわたしは、初めてちゃんと見た瀬戸内の海の穏やかさと優しい色合いにびっくり。

 

1日尾道を観光した日もあるので、尾道についてはまた別の記事にしたいと思います。

 

振り返ると自転車の旅は小さな人生だった 

f:id:kinoconoie:20180727184547j:plain

平坦に続く道、上り坂、下り坂、先の見えない道や木のトンネル。遠くに見える綺麗な景色や、チェックポイントで出会う人たち、疲れたときのユーモアにもらう元気。

 

無茶をすると息切れするし、頑張って漕げば先に進むし、辛い上り坂も登ってしまえば、上りよりも長く楽な下り坂。

 

しまなみ海道は、人生を小さくまとめたような楽しい旅になりました。

尾道からの旅の始まりは60円の渡し船

f:id:kinoconoie:20180727184700j:plain

海の向こう側に島は見えているけど、尾道大橋からしか渡れないのではと思っていましたが、向島までは10分間隔で片道60円の渡し船が出ています。

 

島が近くにない暮らしとしてはとっても新鮮。船が暮らしに溶け込んでいる......!

 

制服姿の男の子と女の子が、絶妙な距離感で船が来るのを待っていました。その10分、きっと幸せですね。

 

向島に着いたら後藤鉱泉所で地サイダーを

f:id:kinoconoie:20180727185519j:plain

 渡し船の乗り場を1つ尾道駅側で乗ってしまったので、向島に到着してから10〜15分ほど自転車を漕ぎ着いた後藤鉱泉所。

 

向島で作られていて、向島でしか飲めない地サイダーやラムネが味わえる、レトロな雰囲気の小さな商店です。

 

この日も最高気温35度をめがけて上がっていく気温にすでにヘロヘロになっていたわたし。大量の汗をかき、もうだめかもしれないと思ったところでの、オアシスのような場所でした。

 

f:id:kinoconoie:20180727195842j:plain

 

ご夫婦で切り盛りをされているそうで、この日はお母さんが暑い中、訪れる人をお出迎え。冷蔵庫の横で、可愛い椅子に座ってうちわを仰いでいるおばあちゃんが可愛すぎる。

 

東北から来たというもう1名いたお客さんとお話しながら、笑顔が可愛くて明るくて朗らかなおばあちゃんと話してラムネを飲んでいると、なんだか頑張れそうな気持ちになっていました。

 

ラムネももちろん美味しいし、それ以上に訪れた人を元気にしてくれるそんな場所でした。このおばあちゃんと撮ったツーショット、今回の旅の中で一番いい笑顔。

 

f:id:kinoconoie:20180727201852j:plain

 

マツコの知らない世界で紹介されてものかなり話題になったそうで、おばあちゃんが嬉しそうにお話していました。

 

ちなみに近くにある住田製パン所にも行きたかったのですが、計画不足で宿で朝ごはんを食べすぎてしまったため泣く泣くスルー。

 

また来る理由になったね!

 

メインルートを逸れて向島の外周コースへ

f:id:kinoconoie:20180727202943j:plain

おばあちゃんに元気をもらったので、前日に調べていた1つ目のサイクルステーションでの返却はなしで次の島へ進むことに。

 

外周コースに進むと、ここで初めて海を見ながら自転車を漕げて、暑いけれど最高に気持ち良かったです。

 

快調に漕いでいると、ここで長い上り坂に。一緒に行った彼がグイグイ登っていくので負けじと意地で漕いでいくと、頂上に着くまえに視界がおぼろげに......

 

まずい!ちょっと無理!

 

ということで日陰で止まってもらい、昨日東尾道のドラッグストアで買っていた冷却グッズをかけてもらい息を吹き返しました。

 

持っていった熱中症対策のグッズはこちらです。

 

身体用を首元と脇の下にスプレー、頭用を髪の毛をかきわけて頭皮に直接当たるようにスプレーすると一瞬で視界がクリアになりました。

 

そして自転車旅行中「元気玉」と呼んでいた塩分タブレットも大活躍。見栄もプライドもいらないので、暑い中初めて自転車を漕ぐ方は是非持っていってください。

 

 

桃太郎にはきびだんご!サイクリストには塩分タブレット!

 

はじめて見えた橋は「因島大橋」

f:id:kinoconoie:20180727205535j:plain

しまなみ海道は、島同士が橋で繋がっていて橋がどれも真っ白!瀬戸内の青い空と海と白い橋がかっこよかったです。

 

どの橋も、橋までの約1kmの上り坂がきつかったのが思い出。先ほどの反省を踏まえて、無理だと思ったら押して歩きました。

 

f:id:kinoconoie:20180727210033j:plain

この橋だけ、自転車と歩行者は橋の下を通るスタイルで、近未来的なトンネル。

 

日陰になるのも嬉しい。尾道から今治へ向かうコースだと、橋の最後の方はとてもゆるやかな下り坂になるので、ボーナスステージと呼んで喜んでいました!

 

長くなってきたので因島から先は vol.2 へ

f:id:kinoconoie:20180727210707j:plain

長くなってきたので、因島大橋を渡ったあとは vol.2 へ続きます。

 

初心者は1時間で10kmペースが平均とのことですが、寄り道したり日陰で休憩したりしながらで、この時点でそれよりも遅いペースで進んでいます。

 

やっとのことで1つ目の島をクリアしましたが、日が暮れる前に、本日のお宿がある伯方島まであと4島、たどり着けるでしょうか......