KINOCONOIE

毎日の暮らしを居心地よくする、インテリア用品・日用品(消耗品)をメインに運営中。女性のキャリアについても扱います。

ニトリの木製スツール『セロ』が優秀!評価や口コミについて

f:id:kinoconoie:20171220213800j:plain

スツールは、あると便利ですが、あまりデザインがビビッとくるものって出会わないですよね......

では、アルテックのスツール60はご存知ですか?

 

丸い座面・シンプルなカーブの脚・ねじの見えないバランスの取れたデザイン。

 

1933年にデザインされてから今日まで、絶大な人気を誇る北欧家具でも名作といわれているスツールです。

 

 

こちらは、とても味があって素敵なのですが、一脚で24,000円ほどします。憧れていても、ちょっとためらってしまう金額ですよね。

 

でも、80年以上愛され続けているこの椅子を使ってみたい!

という方は、ニトリのスツール「セロ」シリーズや、IKEAの「FROSTA」の 『artek風』スツールで雰囲気を味わいましょう!

 

本物には敵いませんが、本物の20分の1の価格で、憧れの家具の雰囲気を味わうことができます。

 

この記事では、愛用しているニトリのスツール「セロ」シリーズについて徹底的にレビューしていきます!

atrek スツール60 はどうして名作といわれているのか?

f:id:kinoconoie:20171221094045p:plain

まず、今回購入したニトリのスツールの元になっているスツール60についてご紹介していきます。

 

ニトリのスツールのレビューのみ読みたい方は、読みとばしてくださいね!

 

木材がフィンランド産

アアルトがこの椅子を設計した当時、フィンランド産の木材は、松やモミ、白樺がほとんどで、

一般的に家具の材料として使われるような堅牢な木はありませんでした。

 

アアルトは、独自の技法を開発することで、フィンランド産の木材を使って質の高い家具を作る方法を編み出すことに成功しました。

 

それまでフィンランド産の家具は市場にほとんどなかったので、アアルトの設計したスツールは、希少価値の高いものとなりました。

 

無垢の木を曲げる高い技術

f:id:kinoconoie:20171221095742p:plain

artekのスツール60は、真っ直ぐな無垢のバーチ材を、5mm程の間隔で、ノコギリで挽いて隙間を作ることによって、木を曲げています。

 

そこに、薄い板と接着剤を入れて型に入れ、加圧して曲げるという、高度な独自の技術によって作られています。

 

ニトリの木製スツール セロ シリーズ  

f:id:kinoconoie:20171221100633j:plain

ここからニトリの木製スツールについてです。

どうでしょうか。控えめに言っても.....似てますね!

 

税込1,389円という安さです。

ですが、作りも、なかなかのハイクオリティで、お家のあっちでもこっちでも大活躍。

そんなニトリの名作木製スツールを詳しくレビューします!

ニトリ 木製スツール セロ のレビュー

ニトリの木製スツールを実際に使ってみたレビューです。

安定感がある

f:id:kinoconoie:20171221100633j:plain

ホームセンターなどで売っているパイプ椅子は、

乗るとぐらぐらしてこわいと感じた経験、あなたにはないでしょうか...?

 

パイプ椅子は軽い反面、安定性がないのが不安ですよね。

こちらのスツールは、脚が太い分安定感があり、ぐらつきが抑えられます。

 

椅子の重さは約560gで、ペットボトル1本分。

一般的なパイプ椅子よりは重たいですが、女性でも簡単にお部屋の中を持ち運びできる重さです。

 

シンプルだからどんな部屋にも合う

色はホワイトとブラックの2色展開です。どこでも、だれが使っても、暮らしの中に溶け込む、シンプルさがあります。 

 

シンプルであればあるほど、使う人によって様々な使い方ができるのも魅力ですね。

 
場所やスタイルを選ばないので、わたしはベッド横のサイドテーブルとしても使っています。
 

スタックできて小回りがきく

スタックして収納できるというのもこのスツールの特徴です。

 

このシリーズのスツールは、スタックできるようになっていて、使わないときは重ねて置いておくことができます。

ニトリの木製スツール セロの構造

ここからは、スツール60と比較したときの、セロの構造について詳しく見ていきたいと思います。

 

f:id:kinoconoie:20171222112037j:plain

脚は、アアルトレッグでは、「上から20cm程のところまで、5mm間隔で切り込みを入れて」作っていると記載しましたが、

 

おそらくニトリのスツールの脚は上から下まで、板を重ねて作った合板で作っています。

 

ミルフィーユの層になった木を曲げたイメージです。

座面の裏側

f:id:kinoconoie:20171222113419j:plain

計24個のたくさんのネジで止まっています。

 

裏側を見ることはあまりないかもしれませんが、使用頻度の高い方は、定期的に増し締めをする必要がありそうです。

 

脚の裏側

f:id:kinoconoie:20171222113518j:plain

クッションフェルトがついています。床を傷つけず、使う人にやさしいですね。

クッションフェルトがついていることで、動かすときの滑りも良くなります。

 

座面のコーティング

f:id:kinoconoie:20171222113644j:plain

ラッカー塗装というコーティングがされています。

 

ラッカー塗装は、木の質感を残したい場合に使われる塗装で、オイル仕上げと比べると、塗装の膜があるため、耐久性や耐水性があります。

 

熱や多量の水分には強くないという特徴があるので、熱いお鍋ややかんを直接置くのは避けたほうがいいでしょう。

 

光が当たると、なめらかで、静かな柔らかい光沢があります。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

ニトリの中でも名作と言っていいほどの商品だと思います。

スツールを探していらっしゃる方の参考になれば幸いです。