KINOCONOIE

毎日の暮らしを居心地よくする、インテリア用品・日用品(消耗品)をメインに運営中。女性のキャリアについても扱います。

【北海道 糠平温泉 中村屋】「ここではない何処か」へ旅したいあなたに泊まってほしいお宿 Ⅱ

f:id:kinoconoie:20180212202019p:plain

旅の答えは、見つかったでしょうか。

 

「ここではない何処か」へ旅したいあなたに泊まってほしいお宿 Ⅰ では、中村屋の歴史・おもてなし・お部屋について書きました。

 

Ⅱ では、お食事と、お風呂についてご紹介します。

この記事を読んで泊まりたくなったら飛行機をとって、お休みを取って旅に出ましょう。

 

糠平温泉 中村屋 人気のお食事

今回は、朝夕付きのプランで2泊しました。

 TripAdvisor (トリップアドバイザー)のレビューでも評価の高かったお食事です。

中村屋は、評価件数63件、評価平均4.5の高評価のお宿です。

 

f:id:kinoconoie:20180212203838j:plain

まず、ご飯の前に、ご飯を食べるお部屋の前で食前酒を選びます。

かっこの中に書かれているのは全て北海道の地名です。

 

f:id:kinoconoie:20180212203951j:plain

黒板の隣には、瓶に入った手作りの果実酒がおいてあります。

 

f:id:kinoconoie:20180212204627j:plain

お酒が苦手な方は、ノンアルコールの果実酢もあるので、飲めない方も楽しめます。

 

f:id:kinoconoie:20180212204827j:plain

お料理は日によって違います。

連泊しようかなと思っているあなた、ご飯は毎日違うので大丈夫ですよ!

 

海外からもうお一組、連泊のご家族がいらっしゃいましたが、

連泊だと、

1.普段は混浴の露天風呂を時間帯限定で貸切にできたり

2.「ヒトリシズカ」という秘密基地のような本に囲まれたスペースを貸し切れたり

するので、せっかく遠いところまで行くのでしたら、連泊がおすすめです。

 

中村屋は寝るためのお宿じゃなくて、過ごすためのお宿!

 

予定を詰め込まず、あえてゆったり過ごすをの楽しむといいと思います。

 

もしも動きたくていてもたってもいられなくなったら、「Discover Japan TRAVEL 一生に一度は見ておきたいニッポンの絶景」の表紙にもなっているタウシュベツ橋梁がお宿からすぐそこです。

 

ひがし大雪自然ガイドセンターの有料ツアーで見に行くのもいいかもしれません。

 

 

変わらない自然と、朽ちゆくタウシュベツ橋梁のコントラストは、写真を持たず肉眼でも目を奪われてしまう光景です。

 

タウシュベツ橋梁、もういつ崩れてなくなってしまってもおかしくないと言われているので、気になる方はお早めに。

 

 

夜はコースで、全部おいしいです。

量は心配ありません。ご飯、お味噌汁はおかわりできます。

 

メインは1日目はポークステーキ、2日目はニジマスの焼き物でしたが食べられないものなどがあれば、予約の際に事前に伝えておくことができます。

 

朝ごはんはバイキング形式です。

バイキングのメニューも日によって入れ替わります。

 

連泊をされる方は、食べたいものから食べておきましょう!

 

f:id:kinoconoie:20180212214547j:plain 

 

f:id:kinoconoie:20180212215211j:plain

 

f:id:kinoconoie:20180212220441j:plain

ヨーグルトにかけるのは、はちみつではなくビートオリゴです。

ビートはお砂糖の原料です。植物由来の優しい甘さです。

 

f:id:kinoconoie:20180212220610j:plain

朝から美味しいわらび餅も食べられます。

 

糠平温泉 中村屋のお風呂もおすすめ

f:id:kinoconoie:20180212220644j:plain

 

f:id:kinoconoie:20180212220853j:plain

中村屋のお風呂は、男湯と女湯が分かれた内風呂が1つずつと、混浴の露天風呂が1つあります。

 

内風呂は手前が木のお風呂、奥がタイルのお風呂です。

どちらも、豪華でも、ものすごく綺麗というわけでもないけれど、

心までポカポカに温まる温泉です。

 

■ 露天風呂は、混浴ですが宿泊すると女性限定の時間があるので、混浴したくない方はその時間帯がおすすめです

 

すぐそこが森で、エゾシカが見えたこともありました。

夜は、天気が良ければ周りが真っ暗なので、満点の星が見えて気持ちいいです。

 

泊まったら行ってみてほしいお部屋

f:id:kinoconoie:20180212215300j:plain

中村屋には、エゾリスの穴という謎の穴があります.....

 

その中はというと、

f:id:kinoconoie:20180212215452j:plain

f:id:kinoconoie:20180212215819j:plain

f:id:kinoconoie:20180212215836j:plain

こんな感じになっていて、旅に必要なものをうっかり忘れてしまった時に使えるものがたくさん置いてあります。らくがきちょうも見えますね。

 

f:id:kinoconoie:20180212221455j:plain

あくまでも、お宿の中で使うためのものなので、持ち帰りはできません。

 

旅に必要なもの、といいながら遊び心のあるものも多くて、楽しくなってきてしまいます。

リスが冬に備えて、巣に木の実をたくわえるようことになぞらえて、「エゾリスの穴」と名付けられているようです。

 

このお部屋に入るためには鍵が必要なのですが、ルームキーと一緒についており宿泊者の限定特典となっています。

 

f:id:kinoconoie:20180212220119j:plain

 

朝の牛乳配達も無料サービス

f:id:kinoconoie:20180212221525j:plain

朝起きると、お部屋の扉の横のフックに可愛いデニムのトートバッグに入った瓶牛乳が人数かかっています。

 

毎朝、上士幌町しんむら牧場の新鮮な瓶牛乳を届けてくれます。

※素泊まり、1泊夕食のみの方は別料金

 

 

朝ごはんを食べる前に一風呂浴びたあとに飲むのも美味しいかもしれません。

濃厚で、新鮮でとっても美味しいです。

 

f:id:kinoconoie:20180212153905j:plain

 

糠平温泉 中村屋の予約方法

そんなすばらしい温泉宿、糠平温泉 中村屋の予約方法をご紹介します。

中村屋の予約は現在、公式サイトからのみとなっています。

 

じゃらんやるるぶなどの宿泊予約サイトからは予約ができません。

メールのみでも予約できますし、電話でも可能です。

 

■ ぬかびら源泉郷 糠平温泉 中村屋 -ホームページ-

 

糠平温泉 中村屋へのおすすめの行き方

中村屋へ行く方法は、レンタカーがおすすめです。 

糠平温泉は、かなり地方にあるので、バスや電車が常に走っているわけではありません。

 

帯広や旭川でレンタカーを借りて、糠平温泉に向かうまでに観光地に寄り道しながら旅するのが時間に追われずおすすめです。 

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

最近疲れているなと思っているあなた。

ここではないどこかに旅したいと思っているあなたの参考になれば幸いです。