KINOCONOIE

毎日の暮らしを居心地よくする、インテリア用品・日用品(消耗品)をメインに運営中。女性のキャリアについても扱います。

【北海道 糠平温泉 中村屋】「ここではない何処か」へ旅したいあなたに泊まってほしいお宿 Ⅰ

f:id:kinoconoie:20180212173124p:plain

 

あなたは、旅に何を求めますか?

出会いたい人、見たことのない景色、知らなかった文化、はたまた美味しいご飯、それとも全てでしょうか。

 

あなたは、あなたが今いるここではなくて、ここではないどこかへ行くために旅をするのでしょう。

 

そんな、「ここではない何処か」へ旅したいあなたに教えたい、泊まって欲しい宿、北海道の『糠平温泉 中村屋』をご紹介したいと思います。

 

糠平温泉 中村屋は泊まって絶対に後悔しないお宿です。

糠平温泉 中村屋の歴史 

f:id:kinoconoie:20180212153905j:plain

いざ旅をしようと思って、ホテルに泊まっても、妙に背伸びをした気持ちになって安らげない。

そんな経験をお持ちではないでしょうか。

 

中村屋は、ありのままのあなたを受け入れてくれる北海道・糠平のお宿です。

 

それは、中村屋が今のスタイルになるまでの、親近感からなのかもしれません。

 

f:id:kinoconoie:20180212153937j:plain

中村屋の創業は、昭和6年。創業当時は別の経営者で、屋号も「富士見館」という名前だったそうです。

 

知床ブームに湧いた当時、創業時には十数室だった「富士見館」も、増築を重ねます。

気づけば中村屋が買い取る時点では55室と、糠平では大きなお宿になっていました。

 

当時の中村屋は、富士見館の2軒お隣のおみやげ屋さんでした。

 

高度経済成長期の勢いで、中村屋が富士見館を買い取ってからは「富士見観光ホテル」と名前を変えてお宿は続きます。

 

しかし、時代はすでに転換期。知床ブーム、北海道ブームも去り、次第に経営は窮地に追い込まれます。

 

f:id:kinoconoie:20180212154018j:plain

当時は、団体客やツアー客が中心で、修学旅行への営業や、札幌や東京の大手広告代理店への営業が何より大事。

 

55室の宿を維持するためにいかに多くのお客さんを回すかが最優先事項でした。

どこに泊まったか忘れられてしまうようなサービス、設備を舞台にお客さんは回り続けます。

 

そして、新たに投資する資金もなく次第に傷んでいく設備。

 

f:id:kinoconoie:20180212154112j:plain

中村屋が大工仕事を始めた最初の動機は、

「大工さんに頼むお金が無かったから」だそうです。

 

当時は、「空いた穴をどう塞ぐか」が目的であり、経営と効率に追われる中村屋の求める価値でした。

 

見よう見まねで仕上げたその大工仕事を見たお客さんに、

「よくなったね」

という言葉をひとつひとつもらうたび、「中村屋」はお客さんと向き合うことの楽しさを実感する日々を積み重ねます。

 

そして、大きな決断を下します。

それまで55室あった客室を、19室まで縮小しました。

それもある日、突然に。

 

そして、屋号を「中村屋」に変え、「富士見観光ホテル」からの脱却を図りました。

 

f:id:kinoconoie:20180212154128j:plain

地名入りのご当地キャラクターのキーホルダーはないけれど、その代わりに中村屋には、手作りの石鹸やご近所の野菜が売っています。

 

f:id:kinoconoie:20180212154148j:plain

 

f:id:kinoconoie:20180212154213j:plain

 

f:id:kinoconoie:20180212154249j:plain

 

糠平温泉 中村屋のおもてなし

f:id:kinoconoie:20180212154309j:plain

寒い日にはマイナス20度を優に超える極寒の地で、長距離ドライブをしてきたあなたを出迎えてくれるのは、火鉢と味のある家具たちです。

 

f:id:kinoconoie:20180213234213j:plain

上士幌町の韃靼そば茶やエスプレッソを無料でいただくことができます。

後ろに写っている、更別村のポテトチップスも火鉢であたためながら無料で、好きなだけ頂けます。

 

f:id:kinoconoie:20180212154320j:plain

このドリンクやポテトチップスは、滞在中いつでも飲んだり食べたりできます。

 

火鉢でポテトチップスを炙るのですが、ポテトチップスがこんなに美味しいと思ったことはありません。

日帰り入浴のみの方も食べて大丈夫です。

 

チェックインはこちらで名前や住所を書いて、中村屋の方に簡単に宿や近くの温泉の説明を聞いて、

(滞在期間中、近くの温泉に無料で入れます!)

 

「どこからいらしたんですか?寒かったでしょう」

と会話をしながら、お部屋へと案内してもらいます。

 

チェックインの時間は、夕食付きの方は、19時が最後の夕食スタートになるので、

それまでにチェックインをすませましょう。

 

■チェックインが19時を超えてしまうと、夕食なしのプランに変更になります。

 

f:id:kinoconoie:20180212204122j:plain

チェックインを済ませたら、またロビーに戻ってきて、火鉢で炙ることのできるおやつの購入も可能です。

 

■「おのみもの」と「おやつ」は9時〜21時までなので時間に注意!

糠平温泉 中村屋のお部屋

中村屋のお部屋は、年間通してずっと同じ料金です。

 

ぬかびら源泉郷 糠平温泉 中村屋  料金案内

 

1泊の料金は、1番安い「和室小」のお部屋で朝夕食付き税別10,410円からです。

(※ 1名で利用の場合は10,950円から) 

 

1泊目 和室小

f:id:kinoconoie:20180212154338j:plain

和室小は、まるで実家に帰ったような安心感。

懐かしい石油ストーブにほっとします。石油ストーブは、冷え込みの厳しい北海道でもとっても暖かいんです。

 

お部屋の乾燥が心配な方は、大きな加湿器があるのでご安心ください。

 

f:id:kinoconoie:20180212154401j:plain

ルームキーは、自然のぬくもり溢れる木のキーホルダーです。

 

なんとこのキーホルダー、バードコールになっていていて、

上の環の部分を回すと「キュッキュッ」という音がします。

朝のお散歩をするときに使ってみると楽しいことが起きるかもしれません。 

バードコール:鳥の声を出す道具。この木片と金属棒をこすり合わせて出す音が小鳥の鳴き声に似ていて、この音で鳥が集まってくるのを楽しむ道具。

 

他にも、こだわりと優しさがたくさん詰まった雑貨が設備がお部屋にはたくさんあります。

 

ひとつひとつに手作りの優しさが感じられて、

気がつくと子供の頃に戻ったようにひとつひとつの道具にはしゃいでしまいます。

f:id:kinoconoie:20180212154551j:plain

 

f:id:kinoconoie:20180212154608j:plain

 

f:id:kinoconoie:20180212154622j:plain

 

2泊目 102号室

f:id:kinoconoie:20180212154726j:plain

 2泊目は、102号室に宿泊しました。大きな窓と、窓に向かったソファが印象的。

ソファのある部分は堀になっていて、畳の空間よりも一段低いところにあります。

 

窓で切り取られた景色がまるで絵のようです。 

f:id:kinoconoie:20180212155540j:plain

 

朝起きて、窓の向こう側をのぞいた景色が絵になります。

f:id:kinoconoie:20180212154928j:plain

 

f:id:kinoconoie:20180212155501j:plain

 

f:id:kinoconoie:20180212155700j:plain

 

f:id:kinoconoie:20180212155922j:plain

 

f:id:kinoconoie:20180212155748j:plain 

 

f:id:kinoconoie:20180212155908j:plain

お食事・お風呂・予約方法・交通手段などはこちら

お食事やお風呂、予約方法、交通手段などは、長くなるので 【北海道 糠平温泉 中村屋】「ここではない何処か」に旅したいあなたに泊まってほしいお宿 Ⅱに続きます。