KINOCONOIE

毎日の暮らしを居心地よくする、インテリア用品・日用品をメインに運営中。おでかけや女性のキャリアについても書いています。

CORKCICLE(コークシクル)のキャンティーンが使い心地抜群!タンブラーの評価や口コミ

デザインも素敵で、機能性も抜群。

CORKCICLE(コークシクル)のCANTEEN(キャンティーン)は、毎日の暮らしをしっかりと支えてくれる優秀アイテムです。

 

使用して半年ほど経ち、本当に買ってよかったと思っているので、 水筒をお探しの方に向けて、使い心地やメリットなどを詳しくレビューしていきます。

 

CORKCICLE(コークシクル)とは

f:id:kinoconoie:20171220121733j:plain

CORKCICLEは、アメリカのガレージで、ワインが大好きな3人の大人によって創業されたブランドです。

 

創業者のBenが、ガレージでワインを飲みながら日曜大工をしている時、

次第に温かくなっていくワインについて、「このワインを一定の時間いい温度に保つにはどうしたらいいのか?」と考えたのが始まりだそう。

 

CORKCICLE CANTEEN の機能とデザイン

f:id:kinoconoie:20180709000416p:plain

タンブラーの重要な機能、「保冷・保温」は、CORKCICLEのCANTEENはどれほどの実力があるのでしょうか。

 

保冷・保温機能

f:id:kinoconoie:20180709000434p:plain

まず、保冷・保温の効果について実際に使ってみた体感と感想です。

 

朝8時に飲み物を入れて、お昼ご飯を食べる12時前後は、まだ熱いと感じられる温度(60℃以上)を保っています。

 

ひと休みしたい午後3時には、少し温かく疲れた身体に優しい、40℃〜50℃くらいの温度です。

 

仕事が終わる19時に飲むと、だいぶ冷めていて、30〜40℃くらい。お仕事帰りにゴクゴク飲める温度です。

 

f:id:kinoconoie:20171215215315p:plain

 

CORKCICLEの公式サイトに掲載されているこちらのデータと大きく差はないと感じられました。

 

CORKCICLE CANTEEN 270ml のサイズ

f:id:kinoconoie:20171215223736j:plain
CANTEENの270mlのタイプは、

  • 高さ:約24.5cm
  • 直径:約8cm

です。 

一般的な、500mlのペットボトルの高さが21.5cm、直径が6.5cmなので、

ペットボトルより少し大きいサイズです。手の小さな女性でも手で握りやすいです。

 

また、CANTEENの直径8cmというのは最も太いところのサイズで、下の方がだんだんと細くなっていくデザインになっています。

 

車のドリンクホルダーに入るので、運転中でもとっても便利!

CORKCICLE CANTEEN 270ml の重さ

f:id:kinoconoie:20171215232935j:plain

270mlタイプの重さは、約280gです。

何も入れていない状態でも、ミニサイズのペットボトルと同じくらいの重さがあります。

CORKCICLE CANTEEN のおすすめしたい4つのポイント

f:id:kinoconoie:20180708235434p:plain

実際にCANTEENを約半年間使ってみて、おすすめしたいと思ったポイントをご紹介します。

 

1.滑り止めがついていて倒れにくい

f:id:kinoconoie:20171215230403j:plain

本体がブラックでわかりにくいと思うのですが、底のフチにラバー加工がされています。

そのため、手がふれたりぶつかっても簡単には倒れません。 

 

2.フタがしっかりと閉まるので漏れない

f:id:kinoconoie:20171215232217j:plain

せっかく入れた飲み物が、カバンの中で漏れた日には、テンションは一気にダウンですよね。水筒は、大切な書類や手帳が濡れないかどうかも大事なポイントです。

 

f:id:kinoconoie:20171215232451j:plain

CANTEENのフタは、ペットボトルのフタのように回して閉めるタイプです。

全てプラスチックで......と言いそうになったのですが、一番上の部分だけゴムパッキンになっています。

 

補足:漏れる場合の対処法

f:id:kinoconoie:20180217234320j:plain

「コークシクル  漏れ」で検索して来てくださる方がいるので、もしかするとキャンティーンが漏れてお困りのあなたの水筒、

パッキンがきちんとはまっていないパッキンが劣化している可能性がある

と考えられるので、チェックしてみてください。

 

今のところ半年ほど使用していますが、毎日最後までしっかり閉めれば全く漏れてきません。

ただ、付け替え用のパッキンが売っていないようなので、もし劣化してしまったら買い替えどきと思っています。

 

次に買いたいのは、デザインがおしゃれすぎるKINTOです.....!

 

3.平らな面があり握りやすい・転がらない

f:id:kinoconoie:20171215232935j:plain

写真で見えるように、このCANTEENは、円柱状ではなく、側面が2面ほど平らになっています。

 

そのため、握りやすくて持ちやすいのはもちろんなんですが、横にしてもコロコロと転がっていかないため、使い勝手が非常によいです。

 

4.口が大きく飲み物を入れやすい

f:id:kinoconoie:20171215233559j:plain

CANTEENは口の大きさが約42mmあります。

 

一般的なペットボトルの口径が28mmなので、ペットボトルと比べると飲み口が大きくなっています。

 

口が大きいので飲み物を入れるのがとっても気軽。忙しい朝を過ごすあなたにもおすすめしたいです。 

CORKCICLE CANTEEN のおすすめできない2つのポイント

f:id:kinoconoie:20180708235532p:plain

使っていておすすめできないポイントや、こんな方にはおすすめしないというポイントです。

 

1.持ち歩くには重たい

f:id:kinoconoie:20180708235822p:plain


何も入っていない本体の重量だけで280gあるので、容量いっぱいの270mlを入れると、総重量が550g。

 

ペットボトルに比べると、内容量の割に重たいです。

 

机の上に置いておいたり、ちょっと外でランチを食べるために短時間持ち歩く分には問題ありませんが、

ずっと持ち歩く方にはあまりおすすめは出来ません。

 

2.塗装がはがれやすい

f:id:kinoconoie:20171215234848j:plain

使っていると、水筒を床に落としてしまうこともありますよね。

 

落として傷がついてしまうと、塗装がはがれこんな感じでキズがついてしまいます。

調べたところマットカラーブラックだけでなく、ほかの色もなるそうです。

 

でも、せっかく自分のところに来てくれた自分だけの品ですし、キズもまたヴィンテージ感があって味わい。少しくらいキズがついても大切に使っていたいですね。

 

 

CORKCICLE CANTEENの洗い方

f:id:kinoconoie:20180709000405p:plain
キャンティーンの洗い方ですが、食器用の皿洗い用のスポンジでは底までスポンジが届かずしっかりと洗えません。

 

100均などで販売されている、ボトル用のスポンジを使って洗うことができます。

毎日をスタイリッシュに彩る水筒 

f:id:kinoconoie:20171215221729j:plain

いかがでしたでしょうか。

 

CORKCICLEのCANTEENは、サイズも3タイプあり、カラーもバリエーション豊富。

 

お仕事のお供に、学校のお弁当のお供に、あなたの毎日をスタイリッシュに彩ってくれる、CORKCICLEのCANTEENがおすすめです!

 

タンブラーをお探しの方はこちらの記事もおすすめです

f:id:kinoconoie:20180623220344j:plain

シンプルでどんな暮らしとも馴染む、日本生まれのKINTOのトラベルタンブラー350ml 。

 

コークシクルよりも、ナチュラルなデザインのタンブラーをお探しの方におすすめです。